★で始まるブログは一部医療従事者向けの内容を含みます。詳しくは「このサイトについて」をごらんください。

★新型コロナワクチンの有害事象はどれくらい? COVID-19合併症との比較〜相対危険度と寄与危険度って何?〜 研究・統計の話

★新型コロナワクチンの有害事象はどれくらい? COVID-19合併症との比較〜相対危険度と寄与危険度って何?〜

 新型コロナワクチンの接種が全国で進められていて、2021年9月8日現在ではおよそ60%の人が1回目の接種を終えているそうです(NHK 特設サイト 新型コロナウイルスより)。  今回は、新型コロナワクチンの有害事象についての論文が、超有名誌New England Journal of Medicin…
新型コロナ:「重症化した人の6割がワクチン接種済」って本当?!〜シンプソンのパラドックス〜 研究・統計の話

新型コロナ:「重症化した人の6割がワクチン接種済」って本当?!〜シンプソンのパラドックス〜

 新型コロナウイルスの蔓延が全国的に広がって、また大変な状況になってきています。ますます、多くの人に迅速にワクチンを接種することがのぞまれます。  ワクチンの効果や安全性については、いろんな情報が飛び交っています。そんなときに、表面に見えている数値だけを見て、判断してしまいがちです。  今回は、少し…
★ビタミンDサプリはアレルギーを予防できるか はなの話

★ビタミンDサプリはアレルギーを予防できるか

 アレルギーはもはや国民病とも言ってもいいくらい、近年増えてきました。  アレルギー性鼻炎、花粉症も年々患者数が増えてきています。何とかアレルギーを予防できないか、特にお子さんをお育てのお父さんお母さんは思われているのではないかと思います。  今回は、ビタミンDを取り上げてみましょう。 ビタミンDと…
★その首のしこりは良性か?悪性か? くびの話

★その首のしこりは良性か?悪性か?

 朝起きたとき、男性の方ならヒゲをそると思います。女性の方はお化粧をするでしょう。  そんなとき、顔だけではなく首も触ることがあるかもしれません。そんなとき、首にコリッっとしたものが触れたらちょっとドキッとしますよね。  癌になったのではないか、悪い病気ではないかと心配になり、耳鼻咽喉科の外来に来ら…
★育ってきた環境でアレルギーのなりやすさが変わる!?〜衛生仮説とは〜 その他の話

★育ってきた環境でアレルギーのなりやすさが変わる!?〜衛生仮説とは〜

 SMAPの『セロリ』の歌詞に「育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ」というフレーズがありますが、育ってきた環境によって変わるのは好き嫌いだけなのでしょうか。  今日は「育ってきた環境が、アレルギーに影響を与えるかどうか」についてとりあげてみたいと思います。 衛生仮説とは?  アレルギーの発…
★頭頸部癌って知っていますか? くびの話

★頭頸部癌って知っていますか?

 みなさん、このページのトップの写真にあるワインレッドとアイボリーホワイトのリボンは何を現しているかご存じでしょうか?  これはBurgundy ivory white ribbonといって、頭頸部癌啓発のためのリボンだそうです。乳癌のピンクリボン運動と同じようなものですね。 耳鼻科医は頭頸部外科医…
★人生に目的意識を持てば長生き出来るのか? その他の話

★人生に目的意識を持てば長生き出来るのか?

 外来で患者さんを診ていると、耳鼻咽喉科という科の特徴かもしれませんが、比較的元気な方が多く受診されます。今は高齢化社会ですので、お元気な80歳代、90歳代の方が来られます。(もちろん耳や鼻、のどの調子が悪くてこられているのですが…。)  そのようなかくしゃくとした方々を診察しながら、「私も元気に長…
★早期の口腔癌、頸部郭清術やるべきか、やらざるべきか? くびの話

★早期の口腔癌、頸部郭清術やるべきか、やらざるべきか?

 みなさん、口腔癌って知っていますか?あまり聞いたことがないかもしれませんね。  口腔癌とは口の中にできた癌をいいますが、口腔癌のほとんどは舌癌ですので、舌癌と聞けば少しイメージがわきやすいでしょうか。  堀ちえみさんがかかったのも舌癌です。大変な治療を乗り越えて無事に回復され、歌をテレビで歌ってい…
★「今日は静かな一日になるといいね」と言うと救急外来は忙しくなるのか? その他の話

★「今日は静かな一日になるといいね」と言うと救急外来は忙しくなるのか?

 今日の記事は、いつもの耳鼻咽喉科の内容から離れて、ほっこりする?話題にしてみました。  医療従事者の間で、よく聞かれるジンクスはいろいろあります。  欧米だと13日の金曜日とか満月の日には何か悪いことが起きると思われているようです。これについては、以前、このブログでも取り上げました。 「13日の金…
★繰り返す小児の中耳炎に鼓膜チューブは有効か? みみの話

★繰り返す小児の中耳炎に鼓膜チューブは有効か?

 耳鼻咽喉科には、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢の方が受診されます。  小さいお子さんがかかりやすい病気に、急性中耳炎があります。皆さんの中にも、小さいころ耳が痛くなって熱が出て、耳鼻咽喉科を受診したことのある方もおられるのではないでしょうか。  今回は急性中耳炎について取り上げたいと思います…