★で始まるブログは一部医療従事者向けの内容を含みます。詳しくは「このサイトについて」をごらんください。

Dr.ジェスレッ君

★花粉症の初期療法って何?キーワードはバレンタインデー?! はなの話

★花粉症の初期療法って何?キーワードはバレンタインデー?!

 寒い日々が続いており、私の住んでいる富山県は35年ぶりの大雪で、積雪は100cmを超えています。  まだまだ春は先のように思いますが、もう2カ月も経てば暖かくなってきます。春はいい季節ですが、スギ花粉症の方にとってはつらい季節でもあります。  新型コロナも治まらない中で、くしゃみや鼻水などの花粉症…
★三が日は餅をのどに詰まらせないように注意しましょう のどの話

★三が日は餅をのどに詰まらせないように注意しましょう

 今日で2020年も終わりになります。ステイホームということで、年末年始は自宅で過ごされる方も多いのではないでしょうか。  正月の風物詩の一つに餅つきがあります。つきたてのやわらかい餅を食べたり、焼き餅、お雑煮、おしるこなど、いろいろな餅の食べ方があります。  ただし、餅を食べるときには注意が必要で…
★重症スギ花粉症に対する抗体治療って効果あるのか? はなの話

★重症スギ花粉症に対する抗体治療って効果あるのか?

 コロナ一色で終わったように感じられる2020年ももう終わりになりますが、年が明けて温かくなればスギ花粉症の季節になります。  スギ花粉症の人は年々増えてきており、最近の調査によれば日本人の半数近くはスギ花粉症になっていると言われています(鼻アレルギー診療ガイドライン2020)。  コロナがまだ収ま…
★鼻とのどの交差点〜慢性上咽頭炎について のどの話

★鼻とのどの交差点〜慢性上咽頭炎について

 鼻やのどの不調が長引くと、大変ストレスになりますよね。  特に冬場は、鼻はぐずぐずするし、のどはイガイガするし、痰が奥にからんだ感じがしてスッキリしません。病院を受診して診てもらっても、「鼻水もあまり出ていませんね。のどもきれいです」と言われて、何ともないですということで終わってしまう場合もありま…
初代アメリカ大統領は急性喉頭蓋炎で亡くなった のどの話

初代アメリカ大統領は急性喉頭蓋炎で亡くなった

 今年はアメリカ大統領選挙の年でしたが、初代アメリカ大統領といえば、ジョージ・ワシントン(1732-1799年)です。  今日は、ジョージ・ワシントンの最期を振り返る医学論文を見つけましたので、紹介したいと思います。  ジョージ・ワシントンの死因は急性喉頭蓋炎だったようです。 急性喉頭蓋炎とは  急…
★補聴器を使うと認知症を予防できるのか みみの話

★補聴器を使うと認知症を予防できるのか

「歳を取っても、目がしっかり見えるように、耳がしっかり聞こえるように」と思っておられる方は多いと思いますが、どうしても年齢を重ねると、目が遠くなり、耳も遠くなってきます。  耳鼻咽喉科の外来にも耳が聞こえづらくなった年配の方がよく来られます。 「年齢の影響ですよ」とお話しすると、「そりゃ、もう治らん…
★いびきや睡眠時無呼吸は手術でよくなるのか? のどの話

★いびきや睡眠時無呼吸は手術でよくなるのか?

 いびきで悩んでいる人はけっこう多く、ある調査では男性の24%、女性の10%がほぼ毎日いびきをかいていると言われています。(参考文献)  いびきだけではなく、寝ている間に息が止まっている人があります。これを睡眠時無呼吸症候群と言います。いびきは周りの人に迷惑をかけるだけですが(そうはいっても、そのこ…
★しつこい副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎とは? はなの話

★しつこい副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎とは?

 今日は私の名前"ジェスレッ君"の由来となったJESRECスタディについて紹介したいと思います。  これは副鼻腔炎について調べた研究です。実は副鼻腔炎と一口に言っても、治りにくい(しつこい)副鼻腔炎とそうでない副鼻腔炎とがあります。  そもそも副鼻腔炎って何なのでしょうか。そして治りにくい副鼻腔炎の…
聞こえるのにわからない?APDって何? みみの話

聞こえるのにわからない?APDって何?

 最近ブログをサボり気味だったのですが、久々に再開します。  今日のテーマは私もあまり詳しくない内容ですので、文献を参考にみなさんと一緒にお勉強したいと思います。 APD(聴覚情報処理障害)とは  難聴とは何かと聞かれれば、聴力検査で大きな音を聞いても聞き取れない状態と一般的には理解されていると思い…
★良性発作性頭位めまい症の再発予防にビタミンDは効果があるのか? みみの話

★良性発作性頭位めまい症の再発予防にビタミンDは効果があるのか?

「めまい」と言われても、めまいを経験したことのない人にはなかなか実感できないと思いますが、経験した人からすると「あんなつらいことはない!」と口々に言われます。  遊園地のコーヒーカップのようにぐるぐると回る遊具に乗っているときや、それを降りた後にふらふら、ぐらぐらする感覚といえばわかりやすいでしょう…