★で始まるブログは一部医療従事者向けの内容を含みます。詳しくは「このサイトについて」をごらんください。

★アレルギー性鼻炎は労働生産性を低下させる

 アレルギー性鼻炎の3大症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

 風邪をひいても同じような症状を経験しますので、風邪をひいたことがある人であれば、そのつらさはわかると思います。

 風邪であれば長くても2週間ほどで症状が落ち着きますが、アレルギー性鼻炎の場合は、何ヶ月も症状が続いたり、人によっては年中症状が続きますから大変です。
  

病気による労働生産性の低下

 労働者が病気にかかると、それに伴って労働生産性が低下してしまいます。

 まず思いつくのが、病気の為に欠勤したり、遅刻・早退してしまい業務に就けないことが挙げられます。これをabsenteeism(アブセンティズム)と言います。

 しかし、absenteeismだけが労働生産性を低下させるわけではありません。

 出勤はしたけれど、症状によってパフォーマンスが低下することもあります。これをpresenteeism(プレゼンティズム)といいます。

 病気が労働に与える影響を考えるには、この両方を考えないといけません。

 アレルギー性鼻炎の場合、欠勤することはめったにないと思いますが、仕事中のパフォーマンス低下にかなり影響を与えていると思われます。

absenteeism:欠勤や休職、あるいは遅刻早退など、職場にいるこ
        とができず、業務に就けない状態
presenteeism:出勤しているにも関わらず、心身の健康上の問題
        により、充分にパフォーマンスが上がらない状態

アレルギー性鼻炎による労働生産性の低下

 下に示した論文は、アレルギー性鼻炎の労働生産性の低下について調べた研究です。

 それによると、アレルギー性鼻炎の症状があると、出勤していても1日あたり2.3時間分の生産性が低下したそうです。

 そして、アレルギー性鼻炎による従業員一人当たりの年間の生産性損失額(absenteeismとpresenteeismの両方を合算)は平均593ドル(1ドル=107円とすると63,451円)であり、他の病気よりも高いことが分かりました。

 たかが鼻炎、されど鼻炎。

 くしゃみ、鼻水、鼻づまりを改善させて、快適に働きましょう!

 

今回参考にした論文は、
Lamb CE, et al. Economic impact of workplace productivity losses due to allergic rhinitis compared with select medical conditions in the United States from an employer perspective. Curr Med Res Opin. 2006; 22(6): 1203-1210.
doi: 10.1185/030079906X112552
です。

Research Question:

 アレルギー性鼻炎による職場での生産性損失額を、他の疾患と比較して評価する。

方法:

 デザイン:
  横断研究
 対象:
  47の事業所に勤務する米国人従業員 8,267人
 使用した質問紙:
  Work Productivity Short Inventory
  (過去の一定期間における健康状態が労働遂行能力に与える影響を
   測定できる)
 評価項目:
  過去12カ月間の職場の生産性に与える影響を評価した。
  absenteeismpresenteeismの両方を評価した。
  損失額は標準時給を用いて算出した。

結果:

  • アレルギー性鼻炎の症状を経験した従業員の55%が、平均52.5日間アレルギー性鼻炎の症状を経験した。
  • そして、その症状のために年間3.6日の欠勤をしており、症状があると1日あたり2.3時間の非生産性があった。
  • 従業員一人当たりの年間生産性の平均損失額(absenteeism+presenteeism)は以下の通り。
    • アレルギー性鼻炎:593ドル
    • 高ストレス:518ドル
    • 片頭痛:277ドル
    • うつ病:273ドル
    • 関節炎・リウマチ:269ドル
    • 不安障害:248ドル
    • 呼吸器感染症:181ドル
    • 高血圧・高血圧:105ドル
    • 糖尿病:95ドル
    • 喘息:85ドル
    • 冠動脈性心疾患:40ドル
  • 介護による従業員一人当たりの年間生産性の平均損失額は、以下の通り。
    • 小児呼吸器感染症:102ドル
    • 小児アレルギー:85ドル
    • アルツハイマー病:49ドル
    • 中耳炎・耳痛:42ドル

結論:

 アレルギーは、健康関連のabsenteeismとpresenteeismによる送信都額に大きく寄与している。雇用者は、従業員の健康給付を決定する際に、このことを考慮する必要がある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です